目次

飛びアンリーtaitorusiro

第二部飛びアンリー

ライト兄弟より100年前に空を飛んだ少年がいた!
作/儀間比呂志 構成・演出・音楽/岩瀬よしのり

あらすじ

むかし、沖縄の国にアンリーという男の子がいました。
アンリーは毎日浜辺に立って海ばかり見つめていました。海の上を自由に飛び交う鳥を見てアンリーは思うのでした。

「ああ、ワンも鳥になりたいな」・・・

その夢は、日がたつごとにふくらんでいきました。
それからというもの、思いつくことがあるとすぐに「じっけん」です。

海をみつめるアンリー

クリックで拡大

ニワトリの羽を犬の足につけて放り投げる。猫のしっぽに花火をくくりつけて火をつける。大きな扇を持ちだしてきて「ワンが、鳥になる」と屋根の上から飛んだり・・・もう失敗ばっかり!
ついには大きな凧に自分を張り付けてみたりもしました。

アンリー16才━学校にも通いましたが、頭の中は、空を飛ぶことでいっぱいでした。そんなある日、浜辺で弓の稽古をしているおじさんと出会います。

弓に矢をつけて、弦をひく、はなす・・・くりかえすうちにアンリーは、ある手がかりをつかみます。

さっそく家に帰り筆をはしらせるアンリー。何日かついやして出来上がったのは「弓の跳ねる力と、鳥の飛ぶ仕組みを取り入れた」羽ばたき式飛行機の設計図でした。そして・・・

琉球王朝の末期、南海の大空を飛んだと伝えられる少年アンリー(飛び安里)の、壮大な夢と冒険のファンタジーを生演奏と語りと映像でおおくりします。

クリックで拡大

キジムナーとアンリー
アンリーは夢の中でキジムナー(木の精)と出会います。

公演イメージ

三線
三線を使った沖縄風音楽でつづります。

夢の中のアンリーとキジムナー

●儀間比呂志氏の絵本原画を大型プロジェクター(9000lm)で投影。エアコンのない会場での窓を開けての鑑賞も可能です。
アンリー映像説明図 3

メールでのお問い合わせはこちらから


出演

岩瀬よしのり

岩瀬よしのり 歌とギター・三線・語り
1973年(高校1年の時)「フォークグループ鬼剣舞」(岩瀬よしのりと鬼剣舞)を結成。以来コンサート・作曲・プロデュースなど幅広い活動を続けており、ステージ数は8000公演を超える。作曲家としては映画・コマーシャル・合唱曲・劇音楽など多くの作品を手がけ演出家としても活躍中。声楽をバリトン歌手/洞谷吉男氏に教わる。作曲は中国の著名な作曲家/王燕礁氏(元中国中央管弦楽団作曲家)に影響を受ける。指揮は西野淳氏に教えを受ける。馬頭琴を世界最高峰の中国国家第一級奏者(日本の人間国宝にあたる)チ・ボラグ氏に教わる。

主な作品 
チロヌップのきつね(岩瀬よしのりと鬼剣舞)
あほろくの川だいこ(岩瀬よしのりと鬼剣舞)
スーホの白い馬(岩瀬よしのりと鬼剣舞)

水谷一帆

水谷一帆 歌 シンセサイザー ピアノ
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、国立音楽大学演奏学科ピアノ専攻卒業。これまでに、丹羽美和、星島利江、近藤千穂、長野量雄、江澤聖子の各氏に師事。ピアニストとして合唱やオペラ公演に携わる他、コンサート多数出演。また、ミュージックパフォーマンス集団「おとぎ」として、親子コンサートを企画、プラネタリウムなど様々な場所で公演を行っている。

近藤梨絵

近藤梨絵 マリンバ パーカッション
大垣女子短期大学幼児教育学科卒業後、同短期大学音楽総合学科ウインドアンサンブルで研鑽を積む。Drum.を古田 典、打楽器を和泉 正憲、野々垣 行恵の各氏に師事。現在は小学校、中学校、高等学校の打楽器パート指導の他、オーケストラ、吹奏楽、アンサンブルの演奏活動も積極的に行なっている。


第一部アンリタイトル

第一部 地球の森のコンサート

一緒に歌おう 世界のこんにちは!
子ども達と一緒に歌ったり、「手作りの楽器の作り方」を説明したり・・・楽しさいっぱいの参加型コンサートです。「この地球(ほし)で」では「世界のこんにちは」を覚えてみんなで大合唱します。

ブエノスタルデス(スペイン語) 
ボアタルジ(ポルトガル語)
ニーハオ(中国語) 
ナマステ(サンスクリット語)
アンニョンハセヨ(韓国語)
マガンダンハーボン(タガログ語)
ハロー(英語)

プログラム
●You all come(ヨーカン みんなで歌おう)
●ハリセンボン
●音あてごっこ
●この地球(ほし)で
※曲目は変更する場合があります。

音あてごっこ

子ども達からの感想

●今日、一番おもしろかった所は、とびアンリーがシャボン玉えきをのんで口からあわをふいてたおれたり、ねこにはなびをつけたり、いろいろなことをじっけんしている所が一番おもしろかったです。(一年生男の子)

●今日は、おんがくをうたってくれて、ありがとうございました。わたしがいちばん楽しかったことは1ぶの「ハリセンボン」です。あとすごいなと思ったのは「とびアンリー」です。なかまといっしょに、とびきを作ってすごいと思いました。(二年生女の子)

●今日はステキなコンサートをしていただきありがとうございます。わたしは8か国語のあいさつの歌が一番大好きです。このうたと同じことがおきるとうれしいな♬「とびアンリー」もすごかったです。とちゅうで海におちそうになったときはドキドキしましたが、とべてすごいと思いました。(三年生女の子)

●今日は、おもしろくて、すばらしいコンサートをひらいていただきとても心がおどりました。いろいろな国の言葉で「こんにちは」をいったりして、とてもためになりました。2ぶでは、「とびアンリー」のおはなしで、さいごはどうなるのかとおもって心がうきうきしました。(四年生男の子)

●今日は楽しいコンサートを見せていただきありがとうございました。「ハリセンボン」「ヨーカン」いろいろな国のこんにちはの曲など楽しかったです。お話「飛びアンリー」は、沖縄の楽器さんしんと一緒にひろうしていただきとてもおもしろかったです。(五年生女の子)

●楽しい歌、音楽をきかせていただきありがとうございます。第一部では「You all come」(ヨーカン)やハリセン
ボンの歌は本当におもしろかったです。「とびアンリー」では、効果音を機械で音を出すのではなく楽器で音を出していてすばらしく楽器の能力がすごくわかりました。最高でーす!(六年生男の子)

パンフレット(クリックで拡大)

クリックで拡大

クリックで拡大

アンリー補足パンフ表1682

アンリー補足パンフ裏1682

メールでのお問い合わせはこちらから


感想文集(クリックで拡大)

感想文表

感想文中